AEWVSのファンアート描いてみた

お絵描き

どうも、ユーです。

平成最後の日にギリギリまさかのクリアを果たした「Advanced education With Viktor Strobovski」(クリアレビューはこちら)。
今日はメイン作業をちょっとだけお休みして、予定通りこのゲームのクリア記念ファンアートを描いてみました。
相方アサシンさん関連以外の作業をやるのは久しぶりなのでちょっとフレッシュな気分です(笑)

はい、こちらですね!
何だこのおぞましい教室と危険な人たちは!?(驚愕)
左が今回戦った(というのも変な言い方かもしれませんが(笑))鬼畜数学教師「Viktor Strobovski」、通称ビクター先生。
バルディ先生と違って、問題を解いている最中もプレイヤーを追跡して容赦なく襲ってくるというとんでもないハードモード先生でござる。
右は、いわゆるバル先生の世界でいう廊下監視員こと校長先生の役をつとめる「Head Teacher」、正式にはLaura(以降ローラ校長)という名前のお姉さん。
バルディ先生のところの校長「Principal of the thing」と違って、校則を5回破ったら問答無用でプレイヤーを処刑しにかかるというクッソ怖い校長先生です。
他にも個性的なキャラはいるのですが、特にこの2人が好みだったためチョイスするというのを前から決めておりました。
やっと描けてよかった!

ローラ校長はうまいこと理想通りに描けたものの……ビクター先生のほうはとにかく仮面の顔が難しく、こちらの調整に時間がかかってしまいました。
PixivやTwitterなどで他にもビクター先生ゲームの素敵なイラストをあげている方がいらっしゃるので、そちらも参考にしたりして何とかちまちま描き込み。
しかも描いているうちにプレイ中の恐怖がまた蘇ったので、むしゃくしゃして「じゃあパパパっとイケメン風味を混ぜて、終わり!」という結果になったのでした(笑)
髪型とか服装とかよくわからず、結局いろいろ自分好みにしてしまってすいません許してください! 何でもはしませんけど!!

元の本家のグラフィックはこちら。
いろいろ最高ですわ。このグラフィックだけで怖い、震える(褒め言葉)
ほんとファンアートを描かれた先駆者の皆さまには改めて感謝したいですもう! それがあったからこそ私もこうやって仕上げることができたので(感動)
ちなみにビクター先生のこの斧の持ち方がマジで好きなので、イラストのほうもそうさせてみました。
問題を間違えただけでガチで殺しにかかってくるとかウッソだろお前、しかもバル先生のほうは定規なのにアンタは斧か。やべぇよやべぇよ……(困惑)

そうそう、ゲーム本編の中にファンアートがたくさん飾られている部屋がありましたのでこちらも参考。
いいなぁ……こんな素敵なところに載せてもらえるなんて最高だぜオラァ。

最初は普通に授業をやって、最後に絶対解けない問題を出して間違えさせてからキレて追いかけてくるという、今思えばあまりにもぶっ飛び過ぎた鬼ごっこホラーゲーム。
YouTubeでも数多く投稿されている、いわゆる「バルディ先生系ホラー」のガチホラー部門トップだと個人的には思います。
実際にやってみたらわかりますが、とにかく容赦ない殺意と暴力を詰め込んだインディーホラーゲーム……数学の先生がいて、問題を間違えたら襲ってくるという以外はバルディ先生とは比べ物にならないほどとてつもない作品。
それと日本語訳バージョンはさすがになかったので、攻略はYouTubeのプレイ動画やwikiなどを参考にしてやっとという感じです。
運要素も絡むので、めちゃめちゃ難しいのだ……(クソデカ溜息)
改めて、なかなか楽しいゲームに出会えてよかったなぁと思いました。バルディ先生もビクター先生も自分の中では最高の思い出のゲームに!

アサシンさんにもツイートしていただきました!
いつか、ビクター先生好きな方々や作者様の目に届きますように……!!(切実)
そして創作活動をされているアサシンさんのフォロワーさんたちの中にも、海外のゲームなどに興味がある方がいればちょっぴり嬉しいものですね。
私自身、おもしろいなぁと思い始めたのもわりと最近なので(笑)
近いうちに今回のイラストや以前描いたバルディ先生のゲームのファンアートもPixivに載せていく予定です!

おまけ「トラウマブレイク! 鬼畜殺人教師に戦いを挑む勇者と化したTATSUYA」
妙なテンションで、透過処理をしてまさかのツクールMVモンスターグラフィックにして遊んでみました。(あくまでお遊びです(笑))
どんなにマインドクラッシュ不可避なガチホラーゲームも、タツヤさんさえいれば大丈夫!!
きっとゲームオーバーになった時も「ウッソだろお前www」と笑ってくれることでしょう。

というわけで「Advanced education With Viktor Strobovski」クリア記念のファンアート制作はこれで終わり。
……と言いたいところですが、実はもうひとりだけ描きたい子がいたりします(笑)
ですがそれはガチのR-18Gなため、こっそり描いてこっそりブログに載せ、そしてR-18GタグつきでこっそりPixivに載せる予定。

それではまた!

お絵描き

Posted by ユー