暗殺天使ミカエルちゃん

ゲームレビュー

どうも、きびだんごです。

ようやく1週間の仕事もクリアできました。
何だか天気面でも例の北海道の震災の件でもいろいろありすぎた1週間でしたね。
北海道は少しずつ電力の復旧が進んでいるということで、ホッとしています。
1日も早く復興されますように、引き続き被災地の方々の無事をお祈りいたします。

えーとそれでは、今日はまたアサシンさんのゲームのプレイレビューを書かせていただこうと思います!
その名も「監禁アサシンちゃん」!
私が制作しているゲーム「CAT ESCAPE」の主人公をつとめている、黒衣の暗殺者「アサシンちゃん」ことミカエルが主人公の物語です。
前作「脱出! 魔王城」の唐突に始まるデスゲームと比べると、こちらはオープニングイベントがガッチリと作り込まれている印象。

平凡な世界で、定職にも就かず毎日だらだらと自由気ままに過ごしているミカエル。
しかしある日、めちゃクソ強い母ちゃんから「働け!」とお叱りを受け、仕方なく職探しを始めるのだが……。
ネットで見つけた仕事は、上半身に比べて下半身が貧弱すぎるおじさんおにぃさんが経営する、怪しさ純度114514%のバーのお仕事でした。

こんな店近づかなくていいから(良心)
いざ応募してみようと意気込んだ矢先、近所に住むマッドサイエンティスト・ビクター博士から連絡が来ます。

「行方不明になったレンタルニートの青年を捜してほしい。バーの店員に連れていかれたかもしれない」
1時間1000円で自分を安売りしているヨウスケさんの自業自得だと思うんですけど(名推理)
かくしてミカエルは、博士の依頼をこなすべく怪しいバーへと潜入することになったのでした。
それがとてつもない某ホモビのような展開を招くとも知らずに。

このゲームのジャンルは、メタルギアシリーズを彷彿とさせる「潜入アドベンチャー」。
突然バーの店員KBTITタツヤによって謎の迷路に閉じ込められたミカエルは、囚われの青年ヨウスケとともに脱出を目指します。
所々でうろうろ歩く兵士たちの視線をかいくぐり、時には背後から忍び寄りズバッと暗殺(みね打ち)しながら進むのですが……これがなかなか難しく、やりごたえがありましたね。
変な動き方をする兵士や一定のタイミングであちこち向く兵士、とにかくいろんなタイプの敵が散りばめられているのです。
なので当然先を急ごうとするとすぐ見つかり、即ゲームオーバー!!
とにかく兵士1体倒したりやり過ごすたびにセーブしました。とにかくどこでどんな敵に会うかわからないので、この攻略法が一番安定するかな。

そしてついに迷路脱出!
自分たちをこんなところに閉じ込めやがったタツヤと、その店の常連客の虐待おじさんレイに制裁を加えるべく、ラストバトル突入です!

何と最後はデフォルト戦闘!
ヒントを参考に、状態異常「ハゲ」に気をつけつつミカエルの特殊スキルやヨウスケの回復技を駆使して戦います。
それにしても、バリカンで刈り取られた髪が数分で元通りになるヨウスケは人外か何か?(困惑)
これにはリー○21もアデラ○スも苦笑い。
そんなこんなで二人で力を合わせ、某ホモビ風の男たちをパパパッとヤって、終わり!!
クリアタイムはおよそ20分くらい。
全体的に難しすぎず簡単すぎずで、ちょうどいい難易度だったので特に行き詰まることなく楽しめました。
ちなみにおまけ部屋のアナザーストーリーで、前作登場したあの怪物オヤジが……何だこのオッサン!?(驚愕)

いやはや、何といってもこのゲームは某ホモビの再現度が半端ない。
まさかBGMまで同じものを使うとはたまげたなぁ……高級音楽素材「Nash Music Library」にめちゃめちゃお金をつぎ込むなんて、某ホモビへの愛(!?)がたっぷりと詰まっていました。
アサシンさんすげぇ変態だぜ。(褒め言葉)
おかげさまで、私もNash Music Libraryで「背徳貴族」を購入してしまいましたよ……自作品のどこかで使おう。

「監禁アサシンちゃん」は、RPGアツマールやPLiCyなどのサイトでブラウザプレイが可能。
ブラウザが不安定で思うようにキャラを操作できないという方は、落ち着いてふりーむ!やフリーゲーム夢現のダウンロード版でチャレンジしてみるのもいいかもしれません。
ぜひとも以下のリンク先にて遊んでみてください!(ページ移動します)

【ブラウザ版】

【ダウンロード版】

……あまりに突っ込みどころが多すぎて、現時点で一番長い記事になってしまいました(笑)
私にとっては、この作品こそが全ての始まりだと思っています。
このゲームに出会ったからこそ今の自分がある。このゲームに出会わなかったら、今の自分はおそらくなかったかもしれない。
その出会いに感謝しながら、今日もせっせと創作です!

それではまた!