真冬の夜の鬼畜教師召喚儀式

いろいろ

どうも、きびだんごです。

風が強いですなぁ……こんな日は家でぬくぬく暖かいカフェオレでも飲むに限ります。
ちょうど土日休みなので、大きな手芸作業をガツンと進めたいですね。
昨日の夜から始まった、まさかのバルディ先生作り。頭部や細かい部分以外は全体的に型紙が簡単なので準備に時間はかかりませんでした。
でした……が、どういうわけか思ったよりでっかいサイズになりそうな。

プリンタでバルディ先生を印刷してる狂人なんて、私くらいしかいないだろう(確信)
いや単なるカラーとか頭身の確認ですけどね!
見れば見るほど不気味なツラしてやがりますが、何故か奇妙な中毒性があります。
だからこそ、YouTubeの海外実況プレイヤーや日本でも一躍有名・人気が出たのかもしれませんね。いつ頃から知名度上がったのかは不明ですが……。

身体のパーツ、もちろん定規も(ちょい雑ですんません(汗))どんどん作っていきます。棒人間なので、型紙が複雑じゃないのが本当に助かる。
とりあえず、原作のモデル通りに忠実になり過ぎるとしっくりこないことがわかりました。特に顔。
手なんかギザギザでもはや判別不能(笑) YouTubeに3Dモデルで何か劇のような動画があって、その3D版の先生はすんごい綺麗でしたけど、それでもフェルトでマネできるあれじゃないんだよなぁ。
コンピューター上のグラフィックと実際の生地では見映えがどうしても違うんですよね。
手はもうデフォルメです(笑) いや、一度先生の頭部作成に失敗して大損かましたため肌用のフェルトが足りなくなったのでそうするしかなかった
ボディは良いとして、とにかく頭が難しい! えぇいつるっばげのくせに!!

(↑ねこだんごちゃんたちは全てを見ていた!)
パーツ本当に難しい、バランスも取りつけも(汗) 鼻なんか思うようにいかない……何度も修正。
眉毛なんか細くし過ぎて何度もちぎってしまったため、仕方なく気持ち少し太めに(糸を使ってもよかったんですけど、縫いつけてもあまり理想的にならなかった)
作って進捗撮ってはまた後でやり直す、を何度か繰り返しているのでこの画像とはまた変わってるかもしれません。悪戦苦闘。
無事に頭部を作ったはいいですが、ボディに括り付ける作業が本当にきつかったですね。
というのも、少しでも手が滑ったら先生の頭がぶらんぶらん揺れながらこっち見たりしててクッソ怖いんです(笑) ちなみにこの作業の時の時間は午前2時頃。みんな寝静まってて、静かな部屋でひとりでコレと向き合うとか狂気的すぎて大草原不可避。
こんな風貌だけど、あのトラウマホラーゲームの鬼だもんなぁ……。

そんなこんなでようやく出来上がりとなったのでした。
今日はご飯も少し抜いてぶっ通しで作業していたため、1日で10時間以上に及ぶ超作業となりました。
次回の記事でお披露目とさせていただきます!

それではまた!