色塗りの参考書

書籍紹介

どうも、きびだんごです。

今日は先日お絵描きのために購入した参考書の1冊をちょいとご紹介させていただこうと思います。
うん、参考にできたら……いいなぁ(遠い目)

「デジタルイラストの『塗り』事典」!
その名の通り、デジタルでの色の塗り方が載った本ですね。
アニメ塗りや厚塗り、水彩塗りといった定番のパターンから、和風塗りやアナログ風塗りといったものまで豊富。
線画こそ同じでも、塗り方ひとつで仕上がりがこんなに違うもんなのだなぁとしみじみ。
使用ツールは「CLIP STUDIO PAINT」ですが、塗り方の基本さえ押さえていればとりあえずどのツールでも参考になるかもしれません。
しかし逆にいえば、色塗りってそもそもどうやってやるの? エアブラシって何?という段階では残念ながら何が何だかわからないという(汗)
あくまでこちらは「デジタルではこういう塗り方のバリエーションがあるんだよ」という本なので、細かいブラシの設定やガイドがあまり載っていなかったのです。
ここはこう、こっちはこう、とガイドはあるのですが……色塗りを初めてやる方にはほんの少し早いかも?
なので私はとりあえず、見よう見まねでホント同じ見た目になるように進めましたが……これだけだとよくわからないので、先日ご紹介したクリスタの基本教科書と併せて学んでいきたいところです!

私の場合、今まで描いてきたイラストはシンプルなブラシ塗りになるでしょうか。
細かい影の塗り込みとか、まだまだ苦手なものです(笑)
クリスタの機能をありがたく使わせてもらい、それっぽくいい感じに仕上げていければいいな。

それではまた!

書籍紹介

Posted by ユー