自動着色やってみた

お絵描き

どうも、きびだんごです。

もはや朝晩は半袖じゃ心細い時期。
そろそろ風邪に気をつけなくてはならないかもしれませんね。
薄い上着だけでも常に持っておくと、いざという時に安心かも?

今日は何となく思いつきで、こちらの自動着色サービスサイト「PaintsChainer」を利用させていただき、過去絵の線画に色をつけてもらいました。
とりあえずアサシンさんのキャラクター・ミカエルとハイド伍長。

どんな感じにできるかな~とわくわく。
ボタンひとつで着色してもらうだけだとイメージ通りの配色にならないので、ある程度手動でいじる必要がありましたが……ポチポチやってみたらこんな感じに。

おぉ、これは……まるで絵の具で塗ったような懐かしさを感じさせますね。
全体的にボヤっとしてます(笑)
これはこれでアリかもしれん。
こんな感じの塗り方を自分でできるようになれば、儚げな雰囲気の絵を描くことも可能かもしれないですよね!

それにしても我ながら線画だけを抜き出してみると、本当に強弱の表現とかなってないや。
これからもいろんなイラストを見たり資料を漁って、線画の練習も徹底していかなきゃなりませんなぁ。
自作ゲーム用のグラフィックならどうせ縮小して潰してしまうから、ある程度手抜き簡単に描けるかもしれないけど。

こちらの2枚は最近描いたやつ。
素敵なイラストや講座の見よう見真似ですが、ほんのちょびっとだけ「ここは絶対線太くなるところや! 細くなるところや!」と意識しつつ描いてみました。
まだまだ練習とか必要ですね、お絵描きは奥が深い!
最近は何でも自動でやってくれるツールとか、いろんな便利なものがあるなぁと感動。
最終的には「自分でやるのが一番!」って思うものもあるかもしれないけど、試しにやってみると様々な発見があったりしてちょっと楽しいです。
ところで、ラフ画を読み込ませたら勝手に線画を綺麗に描いてくれる自動ツールはありませんか?(ポンコツ)

おまけ着色。何だこのオッサン!?(驚愕)
(後になって気がついたけど、髭の部分塗ってないじゃないか……サンタさんかな?(すっとぼけ))

それではまた!