アフターストーリー(中編)完成

ゲーム制作

どうも、ユーです。

最近作業も体調も不調続きでしたが、それでもようやく週末まで来れたので落ち着きました。
9月ももう終わりに近づき、相方アサシンさんも相変わらず作業をがんばって進めてらっしゃるので、私も本当にエンジン全開しなきゃなぁと思う今日この頃。
スランプみたいなこともあったものの何とか乗り越え、ようやく自作品「CAT ESCAPE」のアフターストーリー中編を完成させることができました。
その進捗を、今日はお話しさせていただこうと思います。

先日の記事で載せた通り、元々のバイト先である研究所に別れを告げてきたミカエルちゃん。
意を決して、マティアス司令官からもらった連絡先と住所を頼りに米軍の軍事基地へとたどり着いたのでした。
いよいよアサシンさんの制作中ゲーム「タツヤさんの悶絶調教RPG」で歩き回る軍事基地のマップを逆輸入してしまった(笑)
自分で作っておいて言うのも何ですが、非常にイベントを動かしやすいマップに仕上がっているな~と思います。

マティアス司令官、そしてミカエルちゃんが来ることを屋上から見て知ったエーリッヒ大佐が出迎えてくれるシーン。
大佐はともかく、マティアス司令官には本家アサシンワールドにはない甘々な雰囲気が出ていますね(笑)
私が作る世界では、司令官はたぶんミカエルちゃんに対して「軟弱者め!」「そのだらけた根性を叩き直してやる」とは言わなさそう。
むしろ平凡な一般人であるミカエルちゃんを、強制ではないとはいえ粘り強く軍隊に誘ったからこそかなり立場をわきまえているようにも思えます。
私が作ると、どうしても誰おまになってしまう(笑)

ビクター博士の元を離れ、家族にも話してきたミカエルちゃんの新しい生活・人生が始まる。
そんなアフターストーリー中編に仕上がりました。
ここまで来たら、いよいよ残すは後編。
未だに罰として軍事基地で謹慎中の"彼"と、ミカエルちゃんは無事に再会できるのでしょうか。

いやはや最近作業が鈍足でごめんなさい(汗)
アフターストーリーなんてただでさえどこまでネタばらししていいかわからないし、それ以前にあまり集中して作業ができるほど体力が残っていないのが最近のきついところ。
休日をうまく使わないと、いつまで経っても前に進みません。
気合を入れ直したいと思います!

それではまた!