地獄を生き抜け

書籍紹介

どうも、きびだんごです。

今日はちょっと気分を変えて、ずっと前に読んだ漫画のご紹介をさせていただきます。
私はホラー漫画が好きで、特に異界に迷い込んだ主人公たちが脱出・生還を目指すタイプが好みでございましてね。

「蛍火の灯る頃に」!
こちら全4巻を一気読みしました。
「ひぐらしのなく頃に」などでおなじみの竜騎士07先生の新シリーズですね。
おばあちゃんの葬式のために帰省した主人公とその家族・親戚たちが、突然怪異に巻き込まれ異界「地獄」へと落とされてしまう。
そこで謎の女性「鷹野」との出会い、怪物の襲撃、仲間の豹変や突然の別れなど様々な苦難を乗り越えながら、元の世界へ戻るために謎を解き明かしていく……ざっくりいうとこんな感じのストーリー。

実をいうと私は他の竜騎士07先生の原作シリーズを詳しく知らず、今回こちらの作品も「サバイバルホラー」や「脱出」という要素が入っていたからという理由で気になって読んでみたのですが、いやはやとてもおもしろかった!
正直何回も読み返したくないシーンはたくさんあるものの(親戚のお兄さんが〇〇を食べるシーンはガチで吐きそうになった)、全体的にスッキリまとまっていて読みやすかったです。
ただ生き残り元の世界へ帰るだけでなく、親族を弔い、今までの自分を悔い改め心を入れ替えて生きていこうという希望を抱いた結末でした。
異界のホラーものってあまり救われるエンディングがないイメージだったけど、こちらはちゃんと綺麗に脱出できたんじゃないかなという印象(それでも犠牲者は多く出てしまいましたが……)
コミックの最後にサバイバルに役立つ知識がちょっと載っていたり、いざという時にも役に立ちそうな情報が満載でした。
現実でこんな目に遭うのはごめんですけどね(笑)

いつか私は異界に迷い込んだ者たちの脱出劇をゲームとして作りたいので、こんな感じのホラー作品があればどんどん読んでみようと思っています。
大本命はやっぱりサイレントヒルシリーズかな? 血と錆の裏世界……たまりません。

それではまた!

書籍紹介

Posted by ユー