フルーツの森マップ制作開始

ゲーム制作

どうも、ユーです。

先日から作っていた廃墟と化した研究所のマップの、最終エリア前のスイッチギミックをようやく完成させました。
細かいマップの修正もだいぶできたので、そろそろこれでも大丈夫だろうと!

さて、今日からまた新しくダンジョンのマップを作ろうかなということでさっそく準備。
重苦しい廃墟から一転して、次なるダンジョンは……緑生い茂る森です!(歓喜)
近未来系マップが超絶苦手な私にとって、自然系のファンタジーマップ作りは大きなリフレッシュとなるでしょう。
タイルセットはせっかくなので以前購入したFSM素材を使ってみたいのですよね!

とか言いつつFSM素材めちゃくちゃ難しすぎワロタ
いやほんとコレ、外壁部分?を作るのに時間がかかりすぎる……仕上がりは美しいけど、自分の腕がダメすぎてちょっと自身がなくなりかけています(笑)
まぁ、このタイルセットに触れること自体は初めてではないのですが……いかんせん久しぶりすぎて。

この森のダンジョンは、恐らく廃墟研究所よりも前に訪れることになりそうです。
なので、そこまで長く複雑にする必要はないと判断!
パパパッと作って、終わり! となるようにがんばってみたいと思います。
まずは基本的な組み方から練習して慣れていかないとなぁ~……。

あまりの難しさに相方アサシンさんは「デフォルトタイルでもいいよ!」と優しいお言葉をかけてくれましたが、いかんせんデフォタイルだけではどうもうまく作れず。
試しにやってはみたけれど……うぅむ、圧倒的表現不足感。

もちろんこちらのマップはただの試し描きですけれど(笑)
昔はこれで十分だったけど、今のフリーゲームはどれもこれもマップが素晴らしいので、こちらとしても気合を入れていかなきゃなのだす。

ちなみにアサシンさんが言うには、ハワイを彷彿とさせる南国風のジャングルにしたいとのことなので必要な木のチップをいろいろ探してみたのですが、これがなかなか見つからない(笑)
デフォルトのタイルの中に一応それっぽい木はあるみたいなので、まぁそれでも大丈夫かなーと考えています。

それにしても、マップ作りの難しさは別として緑は心が癒されますなぁ。
自然系のマップは、たとえ苦戦しても作るだけでワクワクものです。
しかしどんなに美しい自然ダンジョンを用意しても、歩き回るのがタツヤさんたち変態調教師ご一行というだけでやっぱり草しか生えない。
森だけに草が生い茂りますねほんと(笑)
なぜこの変態ストーリーでマップに力を入れようと考えたんですかねぇ……しかし一度スタートを切ってしまった以上、もはや後戻りはできないのでひたすら完成に向けて進みたいと思います!
全ては素敵なドラマティックRPG(大嘘)のために。

フルーツ……司令官……プレゼント……あっ(察し)

それではまた!