ガンアクションのための資料

書籍紹介

どうも、きびだんごです。

月曜日の夜だというのに昨日は作業ブーストしすぎて夜更かし、なので今朝からちょっと眠いです(笑)
まだまだ以前ほどのスピードが出ない状態。
しかしお絵描きの勘は特に鈍ってはいないので(さすがにそこまで長期間離れていたわけではなかったのが幸い)、できる時には15分でも30分でもちょっとずつやっていきたいなと思います。

今日は、久しぶりに購入してみたお絵描きのための資料を1冊ご紹介させていただきましょう。

マンガのための拳銃&ライフル戦闘ポーズ集 [ アームズマガジン編集部 ]

created by Rinker

マンガのための拳銃&ライフル戦闘ポーズ集」!
表紙にある通り、銃の構え方やポーズの参考となる大型本ですね。
付録として、膨大な数のポーズ写真や線画イラストをトレースフリー素材として収録されたCD-ROMが入っています。贅沢な一品!(実はこっちを見てみたかったというのが購入のきっかけだったり(笑))
実際に銃のスペシャリストたちが構えたポーズを資料として記載されているため、何といっても「正しい」情報が丸ごと入っているのが嬉しいポイント!
銃の種類は定番のハンドガンやショットガン・ライフルなどなど。
さすがにファンタジーに出てきそうなおもしろい形のものは出てきませんが、ここで基本を学ぶことでいくらかアレンジも可能になるかも?

パラっと全体的に眺めてみましたが、銃の角度のパターンなど細かい部分が見れるのは素敵ですな。
ただ、私がいま最も必要としている「ショットガンを片手で構えている」パターンが見つからなかったのはちょっぴり残念でしたがさすがに仕方ない(笑)
そういうのはもう、デビ○メイクライやらバ○オハザードやらゲームを参考にしてもいいかもしれません。
何にせよ手に入れたいのは基礎の基礎です。

まさか自分が、このようなミリタリー系に特化した資料を買う日が来るとは思いもしませんでしたが……いや~実際ハマってみると楽しいですねほんと。
ファンタジーものにはないワイルドな魅力がある。
これからアサシンさんの創作っ子に加わる新キャラクターを描くにあたって、大いに活用していきたいですね!
それだけでなく、今まで描いてきた子たちを再び描くことになった時にもお世話になるかもしれません。

それではまた!