おあそびツクツク

ゲーム制作

どうも、きびだんごです。

少し前から顔グラフィック制作作業でかなりブーストとしていたため、ちょっとだけひと休みです。
とりあえずあとはヨウスケの顔グラだけ描き終えれば、アサシンさんのタツヤRPGの序盤ストーリーくらいは埋められるはずですな。
おそらく以前アサシンさんから見せてもらった大まかなストーリーメモによると、迫真の軍人調教パートはそんなにすぐには始まらないとのことです。
なのでマティアス司令官とエーリッヒ大佐の顔グラフィックはあまり急がず、他の作業とも併せて考えながら作成を進めましょう。

えーと息抜きっていうと先日もしたばかりだからアレなのですが、やはり誰かのツクール作業を見ていると自分もちょっとだけいじりたくなるもので。

ただいま妄想中のタツヤさんvsバルディ先生のゲームの追跡システムをちょっとだけ仮制作したりしていました。
鬼畜先生との恐怖の鬼ごっこ、再現を試みたところであの偉大なる原作本家に及ばないのはもちろん百も承知。しかし好きなもんは好きなんだからやるしかないでしょう、というのが正直な気持ちです(笑)

 

うん。
怖くないんだよなぁ。ナニやってんだ自分。
先生の動きがひどすぎてワロタ状態(笑) まだ定規を持たせたドット絵を用意してないので、直立のまま超スピードスライド。
もちろんこれは単なるお遊びの試作品なのであしからず。
「CAT ESCAPE」で使用した追跡者がガバガバな動きをしなくなるプラグインは、こういった特殊な動きをする追跡者にはどうしても使えず困りましたねぇ(笑)
あれはあくまで滑らかにプレイヤーを追っかけるために使うものだということを実感。
ちなみにダメもとでそのプラグインを使ってみた結果、こんな感じに↓

 

何やってんだあいつら……ダメみたいですね(呆れ)
なんかもうとりあえず、いろいろ作ったり試したりするのは楽しいなっていうお話。
未だにバルディ先生挑戦してるけどやっぱりクリアできません、この前もうちょっとでクリアできそうだったのに自分下手くそすぎてアカンです(笑)
ホント、何でこんな恐ろしいゲームに何度も何度も挑んでいるんだろうなぁ……気がついたら起動してるんですよ。
不思議と何度もリトライしてしまう。まったく麻薬みたいなゲームです(褒め言葉)
アサシンさんの「脱出! 魔王城」も鬼レベルの難しさですが、アレだって何が何でもクリアしてやるとリトライしまくっていたし。

「絶対にクリアしてやる!」と何度もリトライしたくなるゲームと、逆に「もうクリア無理だからいいや」と投げ出したくなるゲーム、どっちになるかは制作者の腕次第でもあると思いますね!
私も自作品を作っていた頃、「とにかく途中で投げ出されないようにできる限り易しい作りにしよう」と心がけていました。
アサシンさんが「あれで十分だよ」と言ってくれたのでホッとしています! まぁアサシンさんはハードモードですらほぼ一発クリアする凄腕だし、多少はね?

そうそう!!
先日顔グラフィックリメイクをいくつか終えたため、「脱出! 魔王城」のアップデートが公開されました。
自分で描いた顔グラが使われているのって……嬉しいやら恥ずかしいやら、散々見慣れたはずなのに何か奇妙な気持ちです(笑)
もしもまだ魔王城をプレイしていない方は、これを機にお手に取っていただけたら幸いでございます!

(14~16日は更新お休みします。申し訳ございません)

それではまた!