今朝のほっこりする出来事

日記

どうも、ユーです。

梅雨真っ只中で、早く明けてくれないかなぁと待ち遠しく思うそんな今日この頃。
今日はちょっとフフッとなる出来事があったので、語らせていただこうかなと思います。

いつも通りに出勤していた時のことですね。
人通りの少ない道を通っていたら、向かいの歩道に倒れた自転車、そのそばに立つ他所のおばあちゃんがいました。
パッと見どうやら荷物を自転車で運んでいて、バランスを崩して倒れてしまったというところでしょうか……おばあちゃん自身は倒れていなかったし、どこも痛くなさそうな様子ではあったのでそこはひと安心。
とりあえず近くには他に誰もいなさそうなので、急いで道路を渡って話しかけてみると、やはり思った通り「自転車で荷物を運んでいたら、重みに耐えきれず倒してしまった」ということでした。
ひとりじゃとても戻せない重さだったようで、これは助けねば! とお手伝いをしました。
一緒にせーので自転車を元通りに立てたのですが、確かにこれはひとりじゃ厳しかっただろうなぁと……いやはや、自分がここを通っててよかったと心から思うばかり。
あと、天気が良かったのも救われました。
これで大雨だったらと思うとね…… いや、雨が降っていたらそもそもおばあちゃんはわざわざ荷物を運んで出歩いたりしなかったかもだけど(笑)

さらに話を聞いてみると、近くのコンビニへ荷物を運ぶつもりだったこと、身体がすでに弱いため自転車はお医者さんから禁止されていること、一人暮らしであることなどなどいろんなことを知りました。
(聞いたというよりは、荷物を運んでいたらおばあちゃんが自分から話してくれたのです。人のいいおばあちゃんは、例え相手が初対面の他人でも自分自身についてよく話してくれる方が多い(確信))
そんなおばあちゃんが自分のばーちゃんと被ったため、なお助けられて本当によかったのぅとしみじみ思ったのでした。

コンビニに着いて、あとは店員さんに「パパパッと受付して、終わり! ハイよろしくぅ!」ってな感じでお願いして、おばあちゃんとにこやかにお別れしておしまいでごわす。
朝からほっこりできてよかったなぁ。

まぁ、乗らなきゃいけないバスが目の前で走り去ってしまって遅刻したんですけどね(迫真)

しかしその代わり、帰りに道端で10円玉を拾ったので良しとしましょう。
いやーもう本当にあのタイミングであの場所を歩いててよかった!
おばあちゃん、今後も元気でいてくれよな~頼むよ~。
そんなこんなで今日も何やかんや平和な1日でした。

それではまた!

日記

Posted by ユー