既存マップの改変と外観作り

ゲーム制作

どうも、ユーです。

先日、相方アサシンさんのゲームに使用する廃墟研究所のマップは一旦完成とさせていただきました。
しかし肝心な部分を作り忘れていたため、とりあえず今日はそちらの細かい修正とその他の改造などをやっておきました。
やっぱりマップ作りは楽しいです(笑)

廃墟研究所の外観。
色調的に洋館っぽさが出てしまいましたが、れっきとした研究施設なので中身は無骨です(笑)
下のスペースはどうしても置く物がないため、FSM素材の木に頼ってしまいますが……ま、多少はね!
それにしてもボロボロ感を出すためにいつも使っている黒塗りのタイルがなかなかに万能だなぁと思う今日この頃。とりあえず汚したいときに重宝します。

廃墟の中身もちょっとだけ変更。
扉の出入りなどワンクッション置いてから初めてお目にかかれるイベントなどを配置しやすくするために、一部は個別マップとして分断させました。
宝箱や不意打ちモンスターなど、マップの切り替えとともに発動するイベントをもしも作るならば、こういうふうにしておいたほうが便利かもしれない(便利とは言ってない)
……しかしだんだんと、モンスターがうろつくダンジョンというよりもホラーゲームの舞台になりつつあります。
完全に探索アドベンチャー向きの見た目になってしまったんですがそれは大丈夫なんですかね……(苦笑)

ダンジョンの手直しもそこそこに、前からちょいと気になっていた主人公タツヤさんの経営する「Bar Tatsuya」の内装も大きく改変!

ファンタジーチップを使ったので、かなりあたたかみが増した気がします。
アサシンさんいわく「従来のマップは本家元ネタの撮影スタジオを参考にした」とのことだったので、大きく変えてしまって逆に申し訳なくなってしまったのですが……嬉しいことにOKが出ました(笑)
「ゲームの中でくらい飾りつけをきっちりしておこう!」ということです!
イベントの配置も確認してみて、特に異常はなさそうなのでひと安心。移動ポイントや部屋全体を下手にシフトしてしまうととんでもないことになりますからねぇ。

というわけで、今日はだいたいこの辺りまでにしておきましょう!
進み具合こそ鈍足ではあるものの、確実にひとつひとつクリアできている気がします。
また1週間が終わろうとしていますし、次の休日にこそ大きな進捗をあげられるように……ガ、ガンバリマッスル!(ガバガバ覚悟)

それではまた!