相方息抜きに脱出ゲームを作るってよ

ゲーム制作

どうも、ユーです。

今日はゆっくり作業をしていました。
だいぶ寒かったので、過ごしやすく快適な作業日和!
合間合間に別の作業を挟みつつも、相方アサシンさんのゲームのために荒野のマップをそこそこ作れたと思います。

こちらの進捗はまた後日まとめて報告するとして、アサシンさんから何とすごい知らせが届きました!
「タツヤさんの悶絶調教RPG」の制作を、私がマップを作っている間だけお休みする代わりに新しくゲームを作ることにしたというもの。
息抜きとはいえ設定をいろいろと考えたみたいで、土台を作ってテストプレイする動画まで見せてもらいました。
アサシンさん、仕事早すぎィ!!!

それがこちらの動画!
ゲームタイトルは「Military executioner」……まだ仮かもしれませんが、見ただけで「あっ……(察し)」となってしまうほどの雰囲気。
軍隊屈指の処刑人っていったら、どこぞの変態人肉好きおじさんしか思い浮かばないんですがそれは(戦慄)
私も自作品「CAT ESCAPE」での制作記録があるため、こちらのアサシンさんのゲームでも操作説明やゲームのルールなどを載せたピクチャを作ってみようと考えています。
それぞれのキャラクターの設定資料などももらって、めちゃくちゃワクワクしていますね。

ちなみに後日ご本人が説明するかもしれませんが、こちらでこっそり明らかにしてしまうと。
この脱出ゲームはかつて私がめちゃめちゃドハマりしていた海外のフリーゲーム「Baldi's BASICS in Education and Learning」のルールを元に作られたものだそうで。
以前から作ってみたいという話は聞いていましたが、まさか本当に作り始めるとはやりますねぇ!!
鬼役はハンニバルおじさん、その他のキャラクターはそれぞれの特性を持つ足止めキャラクターとなるようです。
本家バルディ先生と違うのは、主人公を2人のどちらかから選べ、しかもそれぞれ異なる能力を持っているということ!

なるほど……。
操作に自信のある人は、ミカエルちゃんを選んだほうがよさそうですね。
逆にあまり慣れていない人は、お邪魔キャラの攻撃を3回防げるという保険的な能力を持ったライナス君を選ぶといいかも。
せっかく主人公が二人もいるんだし、簡単なストーリーもそれぞれの分欲しいところです!

しかし改めて見ると、タツヤさんの悶絶調教RPGをプレイした頃からは想像もできなかった主人公の組み合わせ(笑)
ゲームそのものはほとんど出来上がっているそうなので、私も荒野マップ作りの合間にこちらのゲーム用の説明書ピクチャを作って渡そうと思います!
次の進捗が楽しみですなぁ~。

それではまた!