今日もゲーム制作ちまちま

ゲーム制作

どうも、きびだんごです。

久しぶりに天気がぐずついていましたが、特に大事に至らなくてひと安心でございます。
風邪がようやく落ち着いてきたところなので、ぶり返すのはもう勘弁……こんな寒い日はあったかい生姜湯でも飲んでおくに限りますね。

ここ最近ツクール制作がグッと捗っているため、今日も時間が許す限りちょっとでもと作業を進めておきました。
先日ようやくメッセージウィンドウやら立ち絵表示やらについての方向性も決まったから、あとは台詞の手直しやストーリーの残りを打ち込むだけ。
イベントスチルとして新しく描こうと考えていた絵も、考えに考えた結果「まぁさすがに必要ないかな」という部分は削ることにしました。
コスト削減をうまく行って、完成まで安定して近づけていく姿勢は大事。いくらグラフィックが重視される現代のゲーム業界といえど、それについていくために無理してあれもこれも自作しようとした挙句エターナルの海に溺れたのでは元も子もありませんからね。

 

とりあえず序盤のイベントの手直しが完了したので、そのワンシーンだけ動画にしてみました。
だいたいこんな感じで主人公ミカエルちゃんは大変なことになっていくのです。
わかる人はわかるかもしれませんが、創作主アサシンさんの作品とは違って私がミカエルちゃんやハンニバルおじさんを扱うと、キャラクターが感情豊かになったり無駄に変態度マシマシになってしまうんですよねぇ。
特にハンニバルおじさん、とんでもない通報案件。職質不可避。
こうして本家にはないセリフとか演出を、あくまでオリジナルの雰囲気を壊さずに盛り込んでいくのがとても楽しいです。
まるでもうひとつの知られざる世界という感じで!

あとは顔グラフィックの差分を描いたりとかしました。
差分っていうのはある程度必要なパーツが揃えば、それらを入れ替えるだけで新しいパターンが出来上がるじゃないか! というところに気がついて、お試しに合いそうなパーツを組み合わせてみたらとんでもない表情ができた件について。

自分で作っておいてなんですが怖すぎィ!!!(涙)
安易にパーツを組み合わせてはいけない(戒め) 当然ですが、こんな恐ろしい表情のミカエルちゃんは今作に登場する予定はありません。
そろそろ司令官や大佐の差分も作らなくては……。

それではまた!