ムラビト・アドベンチャー

ゲーム制作

どうも、きびだんごです。

ちょっとだけ昔話。
実に半年かそれ以上ぶりにニンテンドー3DSを手に取り、だいぶ前にハマっていた「RPGツクールフェス」を起動してみました。
ちょいといろいろあって封印していて、おそらく二度と触ることはないんだろうなぁと思っていましたが……ふと無性に見てみたくなってしまいまして。
やっぱりいざ見てみると思い出がぶわっと蘇ってきますね。

お絵描きとツクールMVを始めた頃にはすでに伏せていましたが、私はツクールフェスでゲームを作っていたこともありました。(その時のハンドルネームは今のものとは違います)
この手のひらの中に広がるちっちゃいフィールドがすごく好きで、これがきっかけで3DSごと新調したなぁ。
パソコン版と違って環境も素材もみんな平等だから、これなら限られた容量の中で何かひとつでも完成させられるのではないか? そんな思いでツクフェスデビューしたものです。
で、唯一最後まできっちり完成させることができたのがこちら。

「ムラビト・アドベンチャー」。
確か元々、Twitterで開催されていた企画ものに参加する際に提出した作品です。
とはいえ初めての自作ゲームだったこともあり、アホみたいに気合を入れすぎてしまっていましたが……この頃は本当にパソコンもスマホもろくに見ず3DSばっかりやっていたっけ。
たぶんゲーム制作に一番集中していたと思います、今までの創作ライフの中で(笑)

このゲームのテーマは参加した企画の条件「決戦」。
平凡な村の若者たちが、盗賊団にさらわれた友達を助けに行くというシンプルなストーリーです。
でも私は単純に悪党をコテンパンにしてハイ終わりというあっさりな終わり方にせず、どうにか全員幸せになれる優しい物語って作れないかなぁ~といろいろ挑戦してみました。

それにしてもミーバースが終了したから、3DSの綺麗なスクショが取れなくなったため下手くそな直撮りじゃ。
登場キャラクターは味方サイドから敵に至るまで、作りながらだんだん好きになっちゃってたな。
今思うと、好きになりすぎるのも問題かもしれないと反省しておりますが……とにかくセリフを打ち込むときも本当に愛情たっぷりって感じでした。

うーん、確か開発当初は悪党サイドは救いようのないワルで、手下たちにも名前なんかなかったはずなのにこんなに作り込んだっけ?(ド忘れ)
どれもこれもみんなツクフェスのデフォルトキャラが素晴らしいのがいけないのだ。
プレイしてくれたフォロワーさんたちからもたくさんの意見をいただいて、加筆修正を施したりして、ようやく「これはいいんじゃないかな」と思えるような仕上がりに。(とはいえとにかく暴力的なシーンを削りまくったせいか、若干アレな部分もあるかもしれないですがまぁとにかく(汗))

余談ですが、ツクールフェスの主人公とも呼べる勇者キャラ・フィリオ君をひどい扱い方するのにハマッていたのはここだけの話。
正統派の勇者キャラとして登場させたことは一度もなかったです(笑)

当時Twitterでお世話になったツクールクラスタのフォロワーの皆様には、今でも大変感謝しております。
最後には自分のメンタルの弱さと至らぬ点がたくさんあったために何やかんや迷惑をかけてしまったけれど(さすがに細かく思い出しても仕方ないので割愛)、やっぱり私にとってツクールフェスでのゲーム制作活動は決してなかったことにはできないくらい大切なものだったんだなぁと改めて実感しました。
そんなわけで今でもツクフェスは大好きです。パソコン版が快適すぎて3DSにはさすがに戻れないですが。

さて、それでこの「ムラビト・アドベンチャー」なのですが、このまま封印しとくのも何だかなぁと思う今日この頃。
そういえばツクールフェスのMV用素材を購入していたことを思い出しました。

何となくMVVer.を作ってみたくなってしまった……。
パソコン版ならもう少し演出の無駄をなくしたりセリフを綺麗に整えたり、場合によっては自作モンスターグラフィックも用意できる気がします。
ちょっとやってみたい。
まぁ、仮にやるとしたら今作っている短編を終わらせてお絵描きなどが落ち着いてからになりますけれど(笑)

それではまた!